PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

レターケース




前回習ったのが、レターケース
中に仕切り板が2枚ついている作品。

教えていただくまでは
この作品は、箱を組み立てるのと同じ方法で、側面と底を
クラフトテープで留めて作り最後に、底より一回り大きい紙に
接着して完成と思っていた。

ところが実際作ってみると・・・・・。
【下準備として】
まず側面の部分だけクラフトテープで留める。
仕切り板をいれる溝をつくる←これが今回始めての経験。
(この溝に仕切り板をはめ込むのだそう)
【紙を貼っていきます】
(今回は紙での製作でした)
貼るのは一周ではなく、両側面と後ろ側のみ貼る。
それから最後に前面を貼る。
(糊しろ分はなし。断ち切り)
下の部分は、糊しろ分を折り返すのでく断ち切り
仕切り板になる厚紙に紙を貼って、余分な部分はカットする。
下から 仕切り板をはめ込んで(糊づけはしない)
紙を貼った底の部分になる厚紙に貼り付ける。
という感じで仕上げるので、とても簡単な作り方でした。
内側も上と下はすべて断ち切りで処理なのです。

今までのように、ケント紙に紙を貼ってから厚紙に貼り付ける
という手間が省かれて、ちょっと拍子抜けなのでした。

このレターケースのポイントは、側面の丸みのカットなのかしら??

曲線をカットする時のポイントは、最初にを入れるときは
慎重にすること。
ゆっくり丁寧に線通りに筋をいれておくと、2回目からは
その筋どおりにカッターが動いていくのです。
ガタガタにカットされても、あとで紙やすりでこすればいいと
いう考えもありだけど、なるだけ無駄な労力は使いたくないものです。

このレタートレー使い易そうです。
後ろのカットがあまり好きでないので、
今度は布バージョンで自分好みのデザインで作ってみようかなぁ。


スポンサーサイト

| 作り方 | 15:35 | comments:0 | trackbacks:2 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://cartonnageworld.blog2.fc2.com/tb.php/66-27593a12

TRACKBACK

●整理品目がひと目でわかる見出し紙付き。●A4サイズ対応トレー。用紙を折りたたむことなく、そのまま投入できます。●簡単に積み重ねられる構造です。●材質/再生耐衝撃性ポリスチレン DT-41NDメーカー名:コクヨ・IKEA☆・ レターケース 役立つ

| トレーへの思い | 2007/07/22 18:05 |

DB004 レタートレイ(STYRO) レッド

階段状に重ねることができる機能的なレタートレイです。そのまま重ねたり、少しズラしたりと3段階の調節が可能。入り口付近は少し傾斜がかかっており書類をスムーズに入れる事ができます。SIZE:W28.2×H6.8×D34.3(cm)素材:ポリスチレン備考:耐荷重約2kg、5段積みまで可

| | 2007/09/20 20:45 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。