FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

トワルドジュイ博物館・・・le Musee de la Toile de Jouy

カルトナージュの作品に、必ずといっていいほど使われているトワルド・ジュイの布

s-IMG_8248.jpg


この布の存在を知ったのは カルトナージュを習う前からでした

フランスらしい布を探しに モンマルトルの布地街に行ったときに
目にした牧歌的な風景の布

いろんなお店で見かけたので
この柄がフランスらしいんだと。

お店によって微妙に柄が違っていて もちろんお値段も。

最初に目にしたお店の場所がわからなくなって  とりあえず買ったのが写真の布です。
現金の持ち合わせもあまりなかったので 50cmのみ。


カルトナージュを始めてから このような柄をトワルドジュイ柄というのだと知りました。

正式なものは もっと繊細でとってもステキ。
モンマルトルには出回っていないようですが 私にはもどきでも十分だったりしますが
購入した布は柄も大柄でいまだにハサミをいれられずにいます

このトワルドジュイの博物館があると知ったのは
山口れいさんが書かれた フランスの本で。
行き方も書いてあったので 今後のためにと
とりあえず コピーだけはとっておきました。

ということで
パリ郊外のトワルドジュイ博物館のご紹介です。

行きかた:

RER(郊外電車)のC7
Versailles Chantiers(ヴェルサイユ シャンティエ)でC8に乗り換え
二つ目の駅 Jouy en Josas(ジュイアンジョザス)下車 
徒歩10分ぐらいでしょうか? 


◆車内の様子◆


パリ郊外を走るRERですが 実はあまり得意ではありません
怖い目にあったことはないのですが
人種がちょっと違ったり(目つきが怖かったり) 車内が混んでいたりと 
私にとってはかなり緊張する電車なのです

だから今回も車内は混んでいるのだろうな?と思いこんで電車に乗り込みました。
が ここでは今までとは違った怖さがありました

それは 人のいない怖さ
ホームに 人はいれども この電車に乗る人はまばら。
結局 私のいた車両は 私だけなのでした~。
人のいない怖さもあるのだと 初めて知りました。

とにかく 心細いながらも乗り続けてでVersailles Chantiersへ
ここで C8線に乗り換えです

IMG_8175.jpg

ところが C8線はどこ??
私の予想では 乗り換えC8と書いてあるつもりだったのですが 
どこにもそんな表示は見当たらない

電光掲示板には 電車の発車時刻は表示されているもののC8とは書いていない
無事にたどりつけるのだろうか?と不安になりながらも
Jouy en JosasはMassy-Palalseauの途中にある駅なのでMassy-Palalseau行きの
電車に乗れば大丈夫だろうと思い直して、無事到着しました

◆Jouy en Josasは可愛い駅でした◆
IMG_8179.jpg

駅を出るとすぐ目の前に 標識がでていました
IMG_8181.jpg

分岐点にぶつかっても このように表示がでているので迷いません。

IMG_8184.jpg

右側の矢印に従い
右に曲がって道路を歩いていきます
IMG_8183.jpg

道路を歩いていきます。
IMG_8185.jpg

しばらくすると・・・見えてきました♪
IMG_8196.jpg


スポンサーサイト

| paris | 13:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://cartonnageworld.blog2.fc2.com/tb.php/204-8cece3bf

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。