2005年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2006年01月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

紙の温度

私はいつも、ユザワヤ・吉祥寺店でグレー台紙を購入していたのですが
「紙の温度さんが安いよ」との情報をもらいました。
紙の温度さんは、有料のカタログがあって
品番がわからなければ 購入できないのであきらめていました。
問い合わせをすれば 教えていただけたのでしょうが
ユザワヤに行けば事足りる事でもあったので
そのままにしていました。

久々に
紙の温度
さんの、HPを見てビックリ!
品番がついているのです。
しかも商品によってはわかりやすいように、写真入りで。
商品は『紙の温度は何を売っているの?』に載っています。

お値段は確かに、安いです。
それに、厚紙以外にも、タッセルや金具、ペーパー、スカイバーテックスもあります。
時間をかけて買いに行くのであれば、交通費も時間もかかることだし、通販で買うのも手ですね。

◆以前のブログはコチラ

スポンサーサイト

| | 15:39 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

PIERRE DEUX

代官山で、ステキなフランスの布のお店を見つけたので
ご紹介します。

s-KIF_065.jpg


ピエール・ドウ フレンチカントリ-

場所は、ル・コルドン・ブルーの1Fのにありました。
フランスでよく見かける古典柄や、プロバンス柄があったので、てっきりフランスにあるお店かと思いました。
もっと詳しくこのお店のことを知りたいと、ネットでウェブサイトを探したらなんと、アメリカのお店でした。

布は10cmから購入できますが、1m¥7000もするなど、かなり高価です。

3mmのカルトンを使って仕上げたかなりしっかしした
カルトナージュの商品もいくつかおいてあります。

アメリカサイトはコチラ

| ファブリック | 00:11 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ウェブサイト・・Part2

以前、フランスのウェブサイトをご紹介しましたが
今度は、日本のウェブサイトを。

日本では、千代紙や和紙などを貼った厚紙細工がありますよね。
デザインなどは、とても勉強になるものもあります。
洋物・和物でこうも雰囲気がちがうのかとも思います。

和紙工房 凛

美和紙 MIWASHI

| ウェブサイト | 10:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

知っていると便利な事

■接着芯

裏打ちされている製本クロスを使うのもとても便利だけど
薄い布を買ってしまったり、布をもう少し補強したいときに
あると便利なのが接着芯
↓張りの違いがわかるでしょうか??
s-KIF_0064.jpg

左:接着芯のついている布

カルトナージュでは、薄い紙に裏打ちすることがありますが
のりが全体についていないと仕上がりがきれいにできませんよね。
接着芯なら、アイロンで接着するだけなのでとても便利です。
接着もれがないように、しっかりとアイロンをかけてください。

手元に欲しい色の製本クロスがないときなどに接着芯があると 結構便利ですよ。

| 知っていると便利な事 | 12:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

製本クロスのお店

神田にある製本クロスの問屋さんがHPを開設されたとのことなので
ご紹介します。

望月
いろんな色・種類があるので行くと毎回迷ってしまいますが
このような見本帳が¥500で購入できるので
あると、とっても便利です。
s-cart063.jpg

| | 22:26 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

カルトナージュの新刊本

広岡ちはるさんの新刊本
「やさしい布箱づくり」が文化出版局から発刊されましたね。
定価¥1300(税別)

秋ぐらいから、新刊本が出るとの情報をもらっていたので
とっても楽しみにしていました。

s-cart1203.jpg


タイトル通りに、箱を作る過程はとても簡単。
丸箱を作るときに、ホッチキスを使ったりもして作りやすいようになっています。
でも作品の作り方は、基本的なことしか載っていないので、初めてカルトナージュをやる人には、あまり親切ではないかなぁ。

今までのカルトナージュとはちょっと趣きが異なり、皮の持ち手を使うなど洋裁の域に入ったような作品もありです。

定番になっているような作品も、彼女流にアレンジしてあって
とても参考になります。

いろんな作品が目白押しで、みていてとっても参考になります。
作ってみたいと構想を練っていた、トランクも載っていました。
ではちょっと作品をご紹介。

s-cart1203-3.jpg


s-cart1203-1.jpg  s-cart1203-2.jpg


s-cart1203-04.jpg


以前体験レッスンを受講したときの作品はコチラ
本にも掲載されています。

| | 23:03 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。