2004年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2004年12月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ペンたて

お教室で四角いペンたてを作りました。
材料は自分で用紙していかなくてはならないため外側は布で、内側はスカイバーテックスを貼ることにしました。
柄あわせが必要な布だったので、正面の柄を決めて布を裁ち、念のため箱の回りを一巡させて柄の感じを見ていたら、先生から、張り合わせの部分は正面から見えない所にするものと言われてしまいました・・・・。(正面から見えてしまうからって)
ちょっとがっくり。早く教えて欲しかったなぁと。でも、早く作品を仕上げたかった私は、もう一度布を裁つ時間ももったいなかったので、違う部分を正面にしちゃいました。
側面を貼り付け、底部分も貼って、今度はスカイバーテックスを切る段階になりました。底の部分と内寸を測って切るんだろうなぁと思いながら、指示を待っていると、私の予想に反して次のよう教えていただきました。

外側の底 :スカイバーテックスに直接底部分を置き、回りを鉛筆で書いて、そこから約5mm内側の所を切って貼り付ける。
内側の底 :今度は逆に約1CM外側を切って、角は斜めにカットしてそれを貼る。
側  面 :高さを測り(約5mm下ぐらい)上下の糊しろ部分は不要で、左右の糊しろ分約1CMを取ってそれを貼る

ケント紙に貼ったものをカルトンに貼り付けると思っていたのでビックリしました。(私の持っている本にもそう書いてあったので)
布ならケント紙に貼るそうで、このような紙クロスは直接貼るんだそうです。
なんとも合理的。時間も短縮されて私にとっては早く出来上がってラッキーでした。
内側の処理をしているときに、へらを使っていたら、広い部分を貼る時はまず、指を使って貼るとよいと言われました。それからへらを使うのだそうです。
貼ったらすぐへらを使って、はがれないようにすると、他の方から聞いていたのでこれにもビックリです。
先生によって、それぞれの教え方があるのですね。

内側のスカイバーテックスは糊しろ部分がないため、厚みがなく、私はこの貼りかたけっこう気に入ってしまいました。


スポンサーサイト

| 作り方 | 14:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

スカイバーテックス

先日伊東屋に行ってきました。
スキバテクスの色の種類を知りたくて。
たしか伊東屋には、数種類しか置いていないと聞いていたので。

伊東屋では、「スカイバーテックス」で売っていました。
本館の6Fで。
係りの人に言うと、すぐ分かってくれて見本帳をだしてくれました。
たくさんの色があるので、ちょっとびっくり。
見本帳は「カルトナージュ用紙」というファイルに入っています。
冷静に回りを見渡してみると、壁にスカイバーテックスの見本がきれいに並べられていて、数えてみると、全部で26種類ありました。
 サイズは 685x500 ¥609(580) 26種類

ちなみに
「ボール紙」というファイルには、グレー台紙も載っています。
 L判 800x1000 2mm ¥651
     〃  1mm ¥294 
  
そしてそして、ここの階には、輸入されている紙も置いてありました。わたしが求めていたしっかりした紙です。
 種類はそんなに多くはないです。5,6種類ぐらい。
 その中には唐草模様もあり色は、赤、紺、緑等がありました。
 価格は¥210

カルトナージュの本も売っていましたが、その中で製本の本も置いてあり、ちょっと興味をそそられました。

| 紙・スカイバーテックス | 08:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

カルトンの購入先・・その2

実は、一番最初にカルトンを探したのは、ユザワヤ・津田沼店だった。
そのときは自分で探して、なさそうだと判断した。
後日 ユザワヤに販売しているとの情報を得て、今度は吉祥寺店の方に行ってみた。            
グレーの厚紙のかけらを持って。

やはり見本を持っていくと対応が早い。
すぐ分かってくれて 置いてある場所まで連れて行ってくれた。
ありました!!!
グレー台紙という名前で。2mmと1mmが。

  2mm (約 550x830) ¥341
  1mm (  〃    ) ¥162

 ユザワヤ・吉祥寺店のHP→ http://www.yuzawaya.co.jp/information/mise_ki.html
 
 追記:
 津田沼店に行く事があり、念のため確認。この前行ってから3ケ月ぐらい経っていたので。
 やはりグレー台紙は置いてなく、黄ボールと白ボールはあった。
 同じお店でも支店によって 置いてある商品は微妙に違うんですね。

| カルトン | 19:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

下に敷く紙

のりを塗る時に、下に敷く紙は当然新聞広告のチラシを使っていた。

最初は、マンションの広告の大きいチラシを使っていたけど、塗るたびにきれいな場所を探してると
あっというまに きれいな場所がなくなる。チラシをたたみ直して裏を使ったりしていた。
チラシは表面がツルツルしている方が、のりがしみこまず塗りやすくて私は好き。
そのうち小さめのチラシを何枚か持っていくようにしたけど、はっと気づくとチラシで机の上が煩雑になり、妙に汚い。

新しく行ったお教室で先生が、「下に敷く紙は旅行のパンフレットを使うといいですよ」と教えてくれた。
のりを塗ったら、新しいページを開いて、そこの部分を使ったらまた次のページを開いて・・・と、常に新しいページを使うとよいと。
なるほどね。パンフレットの新しい活用だわと関心する私。

それからは パンフレットを活用させてもらうことにした。
くだらないことだけれど、パンフレットもヨーロッパの旅行を扱っているのをあえて選んじゃったりして(笑)それで 何にも問題は無かった。
でもこの前 スキー用のパンフレットを使ったら、広告代をかけていないのか印刷部分がにじんできてて色つきののりになる。
うーーーん。結論!安いパンフレットは下敷き用の紙にはならない。
使うならお金をかけている旅行のパンフレットに限る!!!

| 道具・金具 | 19:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。